私の場合は挙式をあげずドレスの衣装を着させてもらいウエディングフォトを撮影し食事会でした。

最高の日のために 花嫁衣装レンタルの知識
最高の日のために 花嫁衣装レンタルの知識

私は衣装を借りてウエディングフォトを撮影してもらいました

私は結婚式は挙げずに、ドレスの衣装を借りてウエディングフォトだけで済ませました。
当時まだ私たちは若く挙式費用が捻出出来なかったので、自分たちの身の丈にあった事をしようということで、親からの援助の申し出もお断りしました。
また、私も彼もあまり皆の中心になることが苦手なタイプであったためでもあり、ウエディングフォトだけにしようと言う私に彼は大賛成してくれました。

ドレスは着てみたいと思っていたので、試着の日は本当に楽しみでした。
思っていたよりもたくさんの種類の中から選べるとの事で色々なタイプの衣装をを試着させてもらい、しっかりそれぞれ写真も撮らせてもらい、一緒に行った母と彼と私の三人が気に入った1着を選ぶことが出来ました。
ブーケ、ティアラも選び終えるとさすがに少し疲れましたが満足のいく物を選ぶことが出来ました。
当日はホテルでウエディングフォトの撮影してもらい互いの家族にも来てもらえ、写真も一緒に撮っていただきました。
ヘアメイクをしてもらい、ドレスを着たまま家族で過ごす部屋も用意してもらい家族にじっくりとドレス姿を見てもらえ、とてもうれしかったです。

その後は着替え、同じホテルで個室で食事会をしました。
お互いの家族にもドレス姿をお披露目でき、食事会も温かい雰囲気の中、和やかに進みとても良かったと思います。

友人の結婚式に参加させてもらうと、何度も衣装をお色直しをしたり、たくさんの人達にお祝いをして貰っているのを見るといいなぁとも思いますがわたしには、ウエディングフォトという形が私達にはあっていたと思います。
結婚という節目をきっちりとする為に結婚式を挙げるというのもなるほど、とは思いますが、無理をせずに身の丈にあったものでスタートするというのが私たち夫婦の形だとおもっています。
ウエディングフォトはとても仕上がりが良く、実物より良いと?
評判です。

お互いの実家にも同じものを贈りました。
両方の家に遊びに行くと埃ひとつなく綺麗にリビングのいい場所に飾ってくれてます。

Copyright (C)2014最高の日のために 花嫁衣装レンタルの知識.All rights reserved.